<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
file576 乳酸菌商品(ラブレ)
file576 乳酸菌商品(ラブレ)

腸内環境の改善のために、除菌ハーブとして、オレガノを利用しています。

更に、善玉菌摂取のために、(カルチュラルとベジラクトE)の2つを利用していますが、更に有用そうだといわれ、栄養医学研究所の所長さんから奨められたものを紹介します。
--------------------------------
カゴメ株式会社 
商品名:ラブレ

です。

朝1本、飲めば良いということでした。
---------------------------------
そして、カルチュラルは、温度管理が難しい(アメリカから届いたときには、常温になっている)ので、ベジラクトEと、ラブレでいいんじゃないか?と、提案を受けました。

私の場合、乳製品にIgGのアレルギーがあるので、同商品は飲みにくい(乳が使用されている)のですが、そうでない方は、飲んで悪いものではないようでした。

私も、たまに飲んで、みたりしています。

ちなみに、私の腸内カンジダは、除菌しているにもかかわらず、データ上は増加傾向にあります。
私の場合、Dアラビニトール濃度とクレアチニンを測定し、「D-アラビニトール/クレアチニン」を基準に見ています。それ以外、カンジダを知るには、有機酸テスト(アラビノースの値)しかないので、おいそれとこまめに調べるのが面倒なために、簡易的に上記値を利用しています。

2009/7 カンジダ除菌前        0.2 (基準範囲0-0.8)
2009/9 カンジダ除菌2ヶ月経過   0.7 (基準範囲0-0.8)

データ悪化とはいえ、主観的には、3倍疲れやすいとか、そのようなことは感じません。
あまり、気にしないで、経過を見ていきたいと思っています。
[PR]
by nichinichiso | 2009-10-19 18:52
file575 体に緊張をいれないと、やった気にならない人
file575 体に緊張をいれないと、やった気にならない人


リラクセーション―緊張を自分で弛める法 (ブルーバックス) (新書)
成瀬 悟策 (著)

という「臨床動作法」の本があります。

この本を、再度読み直していて、自分にとても当てはまると感じたことがあったので、紹介します。

同著P64 あたりから

「仕事や日常生活で、緊張感が支えになっている」という章があります。

ここでは、仕事をするときに肩に力、緊張を入れることで仕事モードになり、仕事がはかどればはかどるほど、調子が上がれば、上がるほど、肩に緊張をいれるBさん、が登場します。
仕事が上手く行けば行くほど、肩に緊張を入れ続けるのですから、最後に、やっと体が痛くなっていることに気付くという顛末です。

これは、物事を行うに際しての、心身の態度を上手く表現しているように思いました。

例えば、この記事を書いているときに、自分が、いかに緊張しているのか、または、リラックスできているのか、どれくらい、どの部分に緊張が入り込んできているのか、呼吸はどうなっているのかを同時に観察することで、余計な緊張を知るきっかけになると思いました。(この自覚なくして、緊張排除は難しいと思います)

そのうち、それほど、体に緊張を入れなくても、ものごとは進められ、達成に近づくということが分かれば、緊張から来るストレスからはだいぶ開放されるのではないかと思いました。
[PR]
by nichinichiso | 2009-10-11 09:20 | 自分を知る
file574 心理療法に関する書籍
file574 心理療法に関する書籍

 カウンセリングを「認知行動療法」という形で、行い始めていますが、カウンセラーから、「nichinichisoさんなら、これならどうかな?」という感じで、同時に手渡された本が、自分には役に立っているので、ここで紹介します。

「ココロが軽くなるエクササイズ (単行本)」
越川 房子著  東京書籍

 
メニューの欄の、検索窓の下に出ている、青い本です。


この本は、薄いながらにも、「理論」と「技術」が書いてあり、特に技術に関しては23個の方法が紹介されています。
(自律訓練法も含まれており、また、瞑想法、呼吸法、自己教示法・・・・・多岐にわたります)

これを、自宅に一冊、バックに1冊入れておいて、いつでも見られるようにしています。23個もあれば、ひとつぐらい、心理状態の悪化時に、その時その場で役立ちそうなものがある場合が多いです。

また、理論は薄いながらにも、納得できるもので、それを読むと「ほっとする」部分も多く、いいと思いました。
大雑把な感想としては、否定的な感情、心理状態に傾きがちな人には「あって便利な本」です。

関連記事:
file572 栄養療法も心理療法も投薬もバランスをとりつつhttp://nichinici.exblog.jp/11217055/
[PR]
by nichinichiso | 2009-10-05 19:06 | カウンセリング関連