<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
file 417 軽症うつ」を治す 三木治著 を読んで
file 417 軽症うつ」を治す 三木治著 を読んで

「軽症うつ」を治す 三木治 著 洋泉社 ISBN:4896918657
という本があります。
読んでみたので、感想を書いておきます。
--------------------------------
うつ病は脳みその中の物質不足に由来しているという考え方が、いくつかある仮説の中で最も有力になっている。抗うつ剤の投与は、そのような仮説に基づいている。

私は、胸が苦しい、動悸がが強い、過敏性大腸症候群ぽい、顎関節証になったなど、理由が分からないけど、不快な身体の事情がある、または数年前にあった。(不定愁訴)

そして、身体の不調(不定愁訴)は、身体症状としてでるが、それもうつ病の原因に、端を発していると考えるのがいいのではないか。
肩が凝る、心臓がドキドキするのはうつ病(の根本原因)のせいである。
そして、そのうつ病は、理由はわからないが、脳内のある物質の有無のせいだ。

そう考えると、抗うつ剤を飲んで、休息するしか方法はない。
そして、抗うつ剤が効く環境を作るように生活するようにしたらいいように思った。
それで、不定愁訴は根治するにはうつ病が治るしかないのだが、不快感を軽減するという「補助の技術」を用意しておくことが、大切なんだろうと思った。※

それはひいては、抗うつ剤が効く環境につながるかもしれないなあ、と思った。
-------------------------------------------------------
※「補助技術」とは、このブログで書いているものです。

基本的に、私のうつ病の治し方は、投薬とカウンセリングによるというものです。(ブログ副題参照)
ここで、改めてこのような記事を書いたのは、もう一度投薬の重要性と意義を学びなおそうと思ったからです。

ですから、薬を飲むときにも、小さな白い粒に過ぎないが、「基本的にはこれで治すんだ」、という意気込みをこめようと改めて、決心しました。

関連記事:オーソドックスなものを基本にする理由 051029記事 http://nichinici.exblog.jp/1644080/
ご興味がわいた方は、読んでみるといいかもしれません。
[PR]
by nichinichiso | 2006-07-30 22:10 | 薬関連
file 415 記憶と情動の管理図
file 415 記憶と情動の管理図

 以下の図は、「file 413 過去の記憶が、現在にどう影響しているかを知る」を図式化して捉えようとする、試みです。
↓クリックで拡大
e0067794_2081894.jpg

図の要素は、
左から、時間の流れがあります。
 過去→現在→未来

現在というのは、大きな中心のまる〇で示します。
そして、それは、まさに今ここに存在している自分自身のこころを意味します。

過去の記憶(体験)は、左側の斜線の引いてある小さな丸○です。

目下の目標は2点です。

過去の嫌な体験を、現在に影響させない工夫をする。できた時に、その原因を知る。(2-c)
過去のいい体験の記憶を、明るい未来につながるこころにつなげる。(1-a)

トータル的には、6つの流れがあることになります(図右側)。

疲れていたりすると、どんなことがあっても、暗い未来につなげやすい。(C)
また、圧倒的に辛すぎる体験記憶は、そう簡単に明るい未来どころか、無影響にすることも難しいように思える。(2-C)→すぐには手を出さないで、ほおっておく。記憶が誘発されない環境を維持するにとどめる。

過去とは、数秒前から、数時間、数日、数週間、数年、数十年をさす。
未来とは、数秒後から、数時間、数日、数週間、数年、数十年をさす。

記憶の管理には、難易度があるように思える。

自分の中の歴史が古い嫌な過去は、そう簡単に管理できないように思える。

基本的に、心身が疲れていないことが、優先される。
-------------------------------
※この問題は、さらにどう対処するか、どんなものが管理しにくいかなど、今後掘り下げる必要があるように思います。
[PR]
by nichinichiso | 2006-07-21 20:08 | 心理的背景
file 414 クールダウン浴を知った 
file 414 クールダウン浴を知った

うつ病時には、睡眠がしっかり取れることは重要な回復要素のようです。(参考図書参考)


長時間眠るためには夜から翌日の午前中ぐらいは寝ていたいものだと、感じます。
ところが、夏場になると、その睡眠が難しくなります。
それは、エアコンを利用しながら寝ることが、私は苦手なので、室温が30度近くなるこのごろでは、暑くて眠っていられないのです。
(2006年7月・関東地方)

エアコンをつけて寝ようとしたのですが、私の場合、どうも快適ではなく、体調も崩しがちでした。

そこで、湯温30度くらいで半身浴を15分ほどして見ました。すると、その後、午前中の数時間、気持ちよく30度の室内でもよく眠ることが出来ました。これは、非常に嬉しい出来事でしたので報告します。

-------------------------
さらにインターネットで、何か裏づけがないか調べてみたところ、以下のページのような資料がありました。

ご興味があれば、ご覧ください。
適切な、冷水での入浴方法が紹介されていました。(クールダウン浴と命名したようです)
シャワーより、クールダウン浴というものの方が、時間経過後の皮膚温度の変化が少ないことを実験しています。


大阪ガス:
http://www.osakagas.co.jp/Press/pr_life/01-09.htm
平成13年7月 NO.01-09
猛暑襲来! ほてった体をお湯で冷やす?「クールダウン浴」のお薦め!
-----------------------------
関連記事
file 412 半身浴後に、食事がうまく感じた
http://nichinici.exblog.jp/3764815/


参考にしている本 http://nichinici.exblog.jp/1888031/ 051115記事
[PR]
by nichinichiso | 2006-07-17 21:28 | 休憩
file 413 過去の記憶が、現在にどう影響しているかを知る
file 413 過去の記憶が、現在にどう影響しているかを知る

記憶というものは、過去の出来事を、現在に呼び起こす作業だと、私は思います。

記憶には、いろいろ種類があるようですが、私がうつ病の治癒を考える上で重視しているのは、体験の記憶(いわゆる体験記憶)です。これは、英語の単語の記憶や、数学の公式の記憶などとは違う感じがします。

どちらかというと、歩き方を覚えているというような記憶に近いように思えます。

私が、最近気づいたことを報告します。

----------------------

現在を、今自分が存在している時点から少し先の未来(1分とか、1週間とか)までの範囲と想定します。そして、その間、自分が過去の体験記憶がどう作用しているのかを「知ろうとする」ことは、重要だと思いました。

過去の体験記憶の種類を2つに分けます。

1 良い体験記憶
2 悪い体験記憶

いずれも、評価の問題ですから、自分で決めることです。

思い出すのも嫌な記憶は、悪い体験記憶とよんでいいと思います。

さらに、12の記憶が、現在にどう作用しているかという問題意識を設定します。

a 自分の現在に、記憶が良い影響を与えている
b 自分の現在に、記憶が悪い影響を与えている
c 自分の現在に、記憶が影響を与えていない

これは、その1または2の
   記憶によって、心理的に未来も苦しみそうだという場合が、a
その記憶によって、心理的に未来が明るそうだという場合が b
その記憶によって、心理的な未来には影響しなそうだという場合が C

と考えます。

--------------------------

最も苦しい上体に落ち込むのは、
2-bではないかと思います。
つまり、過去の悪い体験記憶が、現在の自分に悪い影響を与えて、心理的に未来も苦しみそうだ。という場合です。

そして、まず厄介だと、私が思うのは、2-bの状態になっていることが、その私自身も含めて、「当然の記憶の管理」だと思ってしまうことです。

実は、記憶は過去の出来事にすぎませんから、現在の自分の心理とは極端に言えば、無関係と考えることも出来そうです。
または、悪い体験記憶でも、現在の自分に影響を与えないようにしている方も多くいるのではないかと思います(2-C)。

さらに、悪い体験記憶をばねにして、自分の未来を明るくしている人すらいるのかもしれません。(2-a)

反対に、良い体験記憶があっても、現在の自分に影響を与えないという仕組みを持つ人もいるかもしれません。(1-C)これは、多分もったいないことではないかと思います。私は、この傾向が強いです。

というように、過去の2種類の記憶が、現在にどう影響を与えて、未来をどう見ているかということは、重要なことに思えました。

そして、最もたちの悪い2-b(過去の悪い体験記憶が、現在の自分に悪影響を及ぼしている)場合に、少なくとも現在の自分に無関係に扱えるようになると、少しは楽になるなということを、最近私は知りました。

そのためにとった方法は、1日の中で嫌な体験、失敗があったら、それを明確にして、さらに「忘れよう」と決心する、もしくは「今の自分とは関係ない」と自分に諭す努力をするようにしみました。

忘れたいことを明確にするというのは、矛盾するような感じですが、一度は明確にしておくという程度に、必要だと感じます。何を忘れたいのか、覚えておきたいのかすら不明確では、どうもうまくいかなそうだからです。

もちろん、1週間の中でも、人生の中でのどんな出来事でもいいのですが、悪い体験(の記憶)をどう扱うかということを、非常に考えさせられました。

--------------------------------------
なお、下園氏の本の中でも、うつ病時には、悪い記憶をかき集める傾向があるという報告もあり、その対処法も書いてありました(いいとこ探しの方法)。私には難しかったですが。
--------------------------------------
また、記憶というものがなぜあるかというものについて、ある記憶の指導者は、「根源的には生き残るために発達している」のではないかという、話をしていました。


私が最もきついと感じる2-bの記憶のあり方も、幼少時期から持っていたような気がします。そして、それが自分の身を何かから守っていたように、漠然と思うことがあります。
[PR]
by nichinichiso | 2006-07-11 14:54 | 心理的背景
file 412 半身浴後に、食事がうまく感じた
file 412 半身浴後に、食事がうまく感じた

関東地方では、梅雨の半ばにさしかかり、湿度が高く、日によって、気温の高低があり、非常に、体調(自律神経系)を崩しやすくなると思います。

私の場合、「暑いんだか、寒いんだか、わからなくて、不快だ、睡眠も悪い」という日々が、ここ1週間ほど続いていました。

私自身、エアコンのうまい利用法をあまり知らないので、体を壊すような使い方をしてしまったのかもしれません。


15分ほどの運動なども、継続的に行なっていたのですが、どうもうまくいきませんでした。

ここ数日。
私自身の自覚として、「(夏なのに)体(腹)が冷えている」という漠然とした感覚があることに気づきました。

具体的には、
1 運動などで汗をかいたあと、非常に皮膚が冷たい。
2 暑くてきられなかった部屋着の長ズボンをきると気持ちいい。
3 靴下も、くるぶしを覆うタイプのものの方が、気持ちよく感じる。
4 長袖シャツを羽織ると、温かくて気持ちいい。
5 便がややゆるい

とはいえ、部屋の中は28度、湿度60パーセントぐらいあるのですから、そうそうその状態を維持できるほど快適なわけでもなく、イライラしていました。

なんてことがあり、「おかしいなあ」と思っていました。

そこで、半身浴というものを、半年振りぐらいにやってみました。
入浴開始から、終了までトータルで、30分ほどあればできます。

その後に、食べる気力さえなかった、弁当を食べたところ、予想外にうまく感じました。

これは、とてもいいことだと思ったので、ここで報告します。

参考にしたネット上の記事は、以下のアドレスのものが中心です。
ご興味があれば、読んでみるといいかもしれません。

-----------------------
医学博士、認定温泉医 植田理彦 先生という方が紹介しています。

「体にいい、入浴法」
http://www.selfdoctor.net/nurse/2001_06/nurse2001_06.html

cf.Google検索 「半身浴」

関連記事:file325 入浴の方法を検討 http://nichinici.exblog.jp/2236481/
[PR]
by nichinichiso | 2006-07-06 15:16 | 成功事例