タグ:5時間糖負荷検査 ( 9 ) タグの人気記事
file 530 低血糖症が脳に与える影響
file 530 低血糖症が脳に与える影響

血糖値を安定させられないことが、過去の、5時間糖負荷検査でわかりました。 file484 5時間糖負荷検査結果グラフ http://nichinici.exblog.jp/6835997/
血糖値を安定させられないということが、脳によくないということをさらに一歩踏み込んで医師に質問してみました。


そこで教えてもらったことを簡単に、まとめ報告します。
-------------
1 脳のエネルギー源は、もっぱらブドウ糖を原料とする。(飢餓状態では、ケトン体も使う)
2 脳の中の物質の合成は、脳に取り込まれたアミノ酸から、脳の中で合成されるという原則がある。(血液脳関門の存在) 関連記事: file 529 脳の中の物質のたんぱく質からの生合成経路 http://nichinici.exblog.jp/7956699/
血糖値が急激に下がる、または上下するということは、脳に安定的にエネルギーを供給できていないことを意味する。

そして、脳の中の物質の生合成の際にもブドウ糖をエネルギー源とするので、ブドウ糖の濃度が急激に下がるようなことがあると、いくら脳の中に、脳内物質の材料があっても、脳の中の物質の生合成も乱れる。または、合成量は当然低下する。

結果として、脳の中のさまざま物質のバランスが乱れたり、物質自体の量が足りなくなり、頭の状態が悪くなる。
これが、主観的な、いわゆる精神症状として発現する。

ちなみに、最も重要視すべきは「持続・安定・一定濃度で脳ににエネルギー源を供給できること」であり、血糖値が低くても、「安定してさえいれば、何とかなる」。
危険なのは、急激な血糖の変動である。
[PR]
by nichinichiso | 2008-05-20 20:14 | 脳の生理
file 527 低血糖症についての読みやすい論文
file 527 低血糖症についての読みやすい論文

私はうつ病と診断されて、8年経過してから、(反応性・機能性)低血糖症が明らかになりました。

日本での低血糖症の治療研究は、細々とではありますが、かなり以前から行っている病院、医師、研究者がいるということをいくつかの本を読んで知りました。

ネットで見られる、低血糖症の概要のようなものを探したところ、以下の論文が見られることがわかったので、ここで紹介して起きます。

岩手大学の教授である、大沢博氏の論文です。
下記ページの内の下部PDFファイルから見ることができます。興味のある方は、読んでみることをお勧めします。

-----------------
http://hdl.handle.net/10140/569

タイトル: 栄養と行動に関する研究 - とくに機能的低血糖症について -
その他のタイトル: A Study of Nutrition and Behavior With Particular Reference to Functional Hypoglycemia
著者: 大沢, 博

[PR]
by nichinichiso | 2008-05-08 16:35 | 治療方針のヒント
file523 機能性低血糖症が医師から紹介されていた
file523 機能性低血糖症が医師から紹介されていた

私は、うつ病と7年間診断されていましたが、低血糖症でもあることが、数ヶ月前に5時間糖負荷検査でわかりました。

その治療の原則に、糖質の制限(主食の制限)があるのですが、糖尿病を専門に情報発信をなさっている医師のブログでも、糖質制限がすすめられています。

私は、人体のエネルギー産生の仕組みなどを簡単に知るために、同医師のブログを良く閲覧しています。
その医師のブログの中で、機能性低血糖症の話がのっていたので、ページを紹介します。

ドクター江部の糖尿病徒然日記 
炭水化物(糖質)摂取と眠気
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-372.html


私の5時間糖負荷検査のデータを参考までに、閲覧していただいたところ、以下のようなコメントをいただきましたので、そのまま紹介します。
---------------------
nichinichiso さん。
コメントありがとうございます。
グラフみました。
とても参考になります。
機能性低血糖症の人は、日本でも5時間のブドウ糖負荷テストをすれば、そこそこおられるような気がします。

----------------------
[PR]
by nichinichiso | 2008-04-06 17:06
file 521 機能性低血糖症についてのご質問への返信
file 521 機能性低血糖症についてのご質問への返信

高野真さんからコメント・質問をいただきました。
私の知っている範囲で、簡単な返答をさせていただきたいと思います。

------------------
質問文:

はじめまして、江部先生のブログ※1から来ました。
グラフ見せていただきました。※2
あんなに視覚的に分かるのはよさそうですね。
受けてみようか検討してみます。

ところでー

機能性低血糖症というのは低糖質な食事を続ければ「治る」のでしょうか?
つまり、血糖値の急激な変化が起きない体質へ変われるのでしょうか?
それとも、低糖質は一生続けるべき食事法なのでしょうか?

何か知っていましたら教えていただけると嬉しいです。

※1江部先生のブログとは、糖質制限を利用して糖尿病を治療改善しようという主張をなさっている、医師のブログです(私もよく見ています)

http://koujiebe.blog95.fc2.com/

※2 グラフとは、私の5時間糖負荷検査のグラフです。↓
http://nichinici.exblog.jp/6835997
-------------------



高野真さんへ

こんにちは。こちらにコメントいただけると思っていなかったので、とてもうれしいです。

江部先生のブログへのコメントで高野さんが紹介していたブログの著者の溝口徹医師は、私の機能性低血糖症(反応性低血糖症)を発見した、主治医です。
あのブログも、私はいつも読んでいます。


機能性低血糖症は、治る、体質が変わるか?というというご質問ですが、私は患者ですので、はっきりわかりませ。溝口医師は、低血糖症による症状がなくなっても糖質制限を継続することが、非常に重要であると述べています。

ただ、いくつか、私が知っていることを列挙しようと思います。(溝口先生のブログや、著書の中に書いてあること、また、診察で指導されたことです。)

1 低血糖症の場合、血糖値を上げない食事を、日に3-6回に分けて摂取するのが、基本になります。これは2つの意味があります。(私は、4回に分けています)
   1 食後に血糖値を急上昇させない。
   2 食間に血糖値の低下を防ぐ。
  低血糖症の場合、血糖上昇も問題なのですが、その後の血糖低下時に、様々な症状が出るからです。(眠気ぐらいならいいのかもしれませんが、私の場合、動悸がひどくなり、疲労感、情緒の不安定化などが生じて、起きていられません、ついでに血糖上昇のためのホルモンが出ているので、寝ることもできません) 

2 私の病状からすると、可能な限り炭水化物の入っていないプロテイン(炭水化物が0-5%ぐらいのホエイプロテインを使っています。)を、2時間おきに飲む(日に100g程度になります)同時に、ゆで卵や、チーズ、ナッツ、納豆などを間食として摂取する。

3 現在(2008.3.25)はジュース、缶コーヒー、スポーツドリンク、白米、パンはもちろん、玄米、全粒粉パンすらも食べていない。パスタも、月に1回ほど少量食べるくらい。果物も、食べない。

4 糖質は、野菜や、肉、卵・納豆などに含まれているものを利用する。(肉体労働などするのでなければ、この程度でも糖質不足にはならないといわれました。)

5 私の場合の低血糖症は、膵臓の疲弊、ビタミン B 群の不足(エネルギー代謝全般に関与)。亜鉛の不足(インスリン分泌に関与)が関与しているようである。(これは、糖負荷検査ではなく、60項目の血液検査と、溝口先生の診断によります)

6 非常に軽い筋トレや、30分のジョギング程度でも、その直後や、夜半に一気に低血糖症状を引き起こす。(治療4ヶ月目くらいで、10分ぐらいの心拍数120ぐらいのジョギング程度なら、できるようになりました。)

7 私の場合の低血糖症は、インスリンの分泌のタイミングが、遅れているので、血糖値が上がりすぎる。その後、分泌されたインスリンによって、血糖値が下がりまくるという傾向のものでです。(インスリンの出方がおかしい。)

8 母親も低血糖症であることが、5時間糖負荷検査で判明した。(糖代謝が、家族で似ることはあり得るとの、溝口先生の話もありました。)

9 高野さんがお探しになった溝口徹医師のブログhttp://orthomolecule.jugem.jp/は、よく読むといろいろ参考になることが書いてあると思います。(糖負荷検査のグラフなども多少のっています・ブログ内検索を利用すると見つかります。)

10 低血糖症の場合、糖質の代謝機能に異常が生じているので、糖質制限をすることが基本ですが、糖代謝に必要な栄養素を摂取することも指導されました。(これは、サプリメントを利用するという、特殊な治療になります)。

私からお返事できるのは、以上のようなことになります。
[PR]
by nichinichiso | 2008-03-25 08:28 | 治療方針のヒント
file 492 糖負荷検査結果と日常の生活リズム(体験談)
file 492 糖負荷検査結果と日常の生活リズム(体験談)

5時間糖負荷検査の結果と私の一日の生活リズムを照らし合わせてみました。(検査結果はこちら→file484 5時間糖負荷検査結果グラフhttp://nichinici.exblog.jp/6835997/

一日の中で、最も体調的にきついと感じる時間帯は、14:00-16:00頃です。ここ1年ぐらいは、どうしてもその時間帯に昼寝をとらざるを得ませんでした。また、精神科の医師に「昼寝をするから、夜の睡眠が悪くなり、翌日の昼寝につながってしまうのだ」ということで、昼寝禁止の指導を受けても、どうにもこうにも、疲れきって眠ってしまいました。

ちょうど、この14:00-16:00というのは、昼食後、2時間から4時間の時間帯に当たります。5時間糖負荷検査では、120-240分の時間になります。
まさに、糖負荷検査で、もっとも急激に血糖値が下がり(1時間に100mg/dl以上の血糖値低下)、また、最も低い血糖値(27mg/dl)を記録する時間帯を含んでいるのです。

もちろん、検査時の負荷は通常の食事より、高いものでしょうから、そこまで実際には血糖値は下がっていないと思います。しかし、時間の推移と血糖値変化のは類似すると考えられるので、いつも昼寝をしていた14:00-16:00頃は日常生活の中で、最も厳しい時間となることはそれなりの理由があったのだと思います。

最近では、無理して起きていてもも、まったく意味がないことであり、有害ですらあるということで、寝るようにしています。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by nichinichiso | 2007-12-05 17:39 | 問題解決のヒント
file 486 5時間糖負荷検査結果への説明
file 486 5時間糖負荷検査結果への説明

先日、5時間糖負荷検査の結果について、医師からの説明を受けました。
結果のグラフはこちら→http://nichinici.exblog.jp/6835997/

0 負荷前の血糖値(空腹時血糖)が低すぎる。
1 血糖値が180分の時点で、27mg/dlとなっており、ここまで(30mg/dl以下に)低下する患者は、年に数人しかみたことがない。(他の医師とも議論したとのこと)。これぐらい下がってしまう場合に、頭がまともに機能するとは到底思えるレベルではないとのこと

2  インスリンが出る時間が60分後からとなっており、タイミングが遅い。これは、すい臓が、かなり機能異常を起こしていると見られる。

3 血糖値が下がり始めている120分の時点でも、まだインスリンが出ており、これが、180分時点まで血糖値を下げ続ける原因となっている。

4 また、主観的なメモ(ブログ非掲載)で記録されている、動悸などの症状が、血糖値が下がり続ける90-120分の段階ですでに見られる。これは、あまりにも血糖値が急激に下がることによると推測される。(本来ならば、血糖値がかなり下がっている時点で、初めて動悸などが見られるものだ)。

5 反応性低血糖症である。。
6 すい臓の腫瘍等の異常とは思われない。

結論:低血糖症の程度としてはかなり重症。しかし、低血糖症のタイプが、反応性低血糖症であることから、人によるが、急速に治る場合も多い(数ヶ月)とのこと。

対策:
1 血糖値を上げないよう食事を摂取する。食事摂取後に、軽い運動(散歩)を必ず行う。
2 すい臓の機能を回復させる。
[PR]
by nichinichiso | 2007-11-28 21:24 | 治療方針のヒント
file484 5時間糖負荷検査結果グラフ
file484 5時間糖負荷検査結果グラフ
正常な方の結果グラフ(クリックで拡大)
e0067794_19244399.jpg

nichinichisoの結果グラフ(クリックで拡大)
e0067794_1925028.jpg


主な問題点:

1 糖負荷前の血糖値より、20パーセント以上下降した値がある(180-240の時点)
2 血糖値が1時間に50mg/dl以上下降している(60分-120分間・120分-180分間)
3 血糖値の値が65mg/d以下の値になった(180-300分)
4 インスリン分泌の変動が血糖曲線と一致しない

本質的な原因:すい臓の機能障害

追記:090520 file562 唾液コルチゾール検査結果(副腎疲労症候群)http://nichinici.exblog.jp/10276211/
[PR]
by nichinichiso | 2007-11-23 19:29 | 栄養
file483 血糖調節異常(低血糖症)が見つかった(検査結果より)
file483 血糖調節異常(低血糖症)が見つかった(検査結果より)

5時間糖負荷検査の結果レポートが自宅に、届きました。

結果は、

1 血糖調節異常(低血糖症)がみられる
2 タイプは、反応性低血糖症である。

とのことでした。

---------------------

別の記事で、5時間の血糖の推移のグラフを載せたいと思っていますが、とりあえず驚いた点だけ記します。検査結果はこちら→http://nichinici.exblog.jp/6835997/

a  最初70だった血糖値が、60分後に186まで急激に上昇している点
b 60分の時点で186だった血糖値が、180分には27まで一直線にものすごい速度で落ち込んでいく点。(解説だと、これは、脳にに非常に悪い出来事のようです)

通常のグラフより、上昇速度、下降速度が速すぎるように見えます。
そして、検査時に記録していた主観的メモより、その急激な下降時の時間帯にに、動悸、イライラ、情緒不安定、疲労感を感じるということがわかりました。

----------------------

これが今まで精神科、心療内科で自分が診断されていた「うつ病」とどう異なるのか、または、同じものなのかはわかりません。

とりあえず、すい臓の機能の異常がある(血糖値の調整)ということで、それを改善していくよう、指導されました。
[PR]
by nichinichiso | 2007-11-22 08:47 | 栄養
file 482 5時間糖負荷検査を受けたときの血糖値(体験談)
file 482 5時間糖負荷検査を受けたときの血糖値(体験談)

1週間ほど前に、5時間糖負荷検査を受けました。そのときの、体験を報告します。

検査は5時間かかりますが、3時間目と、4時間目には、採血のほかに、その場ですぐ血糖値を計ります。

そのときの血糖値は、21でした。(血糖値のあるべき範囲は、80-140ぐらいです・ちなみに隣の部屋で受けている人は35ぐらいと聞こえて来ました。)

このときの主観的な感覚は

い脱力感、吐き気、異常にポテトチップスが食べたくなる、下着がびっしょりになるほどの発汗、手足の震え、寒気がありました。精神的に、パニックに近いような感覚でした。

看護師さんには、「血糖値が20ぐらいになると、ぶっ倒れてもおかしくない」といわれました。
また、「低血糖状態に慣れていると、倒れないことも多い」ということを教えてもらいました。

付き添いの人がいなかったら、病院でなかったら、非常に怖い体験でした。

ちなみに、幼少のころにも、同様の体験があった(年に、数回。食べるとすぐ回復するので、自分で対処していた)ことを思い出しました。

検査結果はこちら→http://nichinici.exblog.jp/6835997/
[PR]
by nichinichiso | 2007-11-18 08:18 | 栄養